肌を白く透明感を出すには?勘違い率99%のスキンケア

あなたは以下に当てはまりますか?

  • 透明感を出すために努力しているけどうまくいかない
  • メイク以外で素肌で透明感を出したい
  • そもそも透明感って何?どこが違うのかわからない

綾瀬はるかや広末涼子など透明感がある肌の人がいます。でもそれって何がどう違うのか?これが分からないと対策のしようもないですよね。

簡単に言うと、「色ムラがない肌」のことを透明感があると言います。

それなら美白?毛穴?となるのですが、そこに着目してもだいたい失敗します。

そんな難しいことより、もっと簡単に肌の透明感を出す方法があります。しかも難しくありません。やるならこっちです。

透明感が出れば肌悩みの大半は消える

何をやっても透明感なんて出なかったのに、そんな簡単にうまくいくの?

実は、肌悩みの中では透明感が一番解決しやすいんです。

透明感ってどうやったら感じることができるのか?正しく理解しているでしょうか?

ちなみに、透明感なしから透明感ありに変化して、その後ちゃんと維持できると肌は以下のようにどんどん変わっていきます。

  • 洗顔直後の透明感があまり落ちなくなる
  • すっぴんでも以前より気にならなくなる
  • ファンデーションが薄付きで済む
  • 洗顔後すぐに保湿しなくても大丈夫になる
  • 思った通りのメイクができるようになる
  • シミや毛穴が気にならなくなる

もう一度再確認しますが、透明感を出すことは誰でもできます。やるべきことも簡単です。

本当はみんなやっていることで透明感は出るんです。でも、透明感が出てくるまで少し時間がかかります。待てばいいのに待てないから、違うこと、間違ったことをしています。透明感が出て、上記のように肌が変わるのはすぐそこの未来です。

透明感がある肌は実は「でこぼこ」

透明感って肌の何がどうなったら透明感なの?

透明感って言葉で表しにくいのですが、「肌色の立体感がある」というのが透明感です。

奥行き感と、それによる光の細かい乱反射です。

肌色にムラがないだけじゃ透明感は出ない

色ムラがないほうが透明感は増します。でも透明感はただ単に色ムラがないだけじゃダメなんです。

なぜか?

色ムラがなくなるとマット感が出やすくなるからです。

ファンデーションでマット仕上げのものを使うと、カバー力が高い代わりに透明感が消えますよね。だから上からパウダーでフィニッシュさせて透明感を出します。

これ、マットで毛穴やシミを消して一度肌をフラットにして、パウダーで「でこぼこ」を作っていることに気づきませんか?

つまり、透明感というのは目に見えないレベルのでこぼこ肌。のっぺりしていない肌に備わるものなんです。

パウダーフィニッシュというのは、一種の色ムラを作っているんです。

光を細かく反射すると明るく白く見える

でこぼこした肌と、ツルツルの肌。

言葉上ではツルツル肌のほうが美肌の印象ですが、実際は逆で美肌こそマイクロスコープで拡大するとでこぼこなのが分かります。

でこぼこだと光をあらゆる方向に、非常に細かく反射できます。この真逆がテカリです。ツルツルした肌は光を大きく一定の方向にまとめて反射します。だから光って見えるんです。鏡は完全に光を同じ角度でまとめて返すから姿が映ります。鏡に透明感はないですよね。

パウダーフィニッシュすると、目に見えないレベルで肌がでこぼこになりますよね。だから透明感が出たように見えるんです。

でも少しでも薄暗い部屋に入ったら、スッピンだろうがパウダーフィニッシュだろうが透明感に差は出ません。

透明感が光の反射具合でできていることが分かりますよね。

透明感は細かいキメで作られる

どうやったら透明感の条件が揃うの?

本当の透明感は、目に見えないレベルで「でこぼこ」した肌により生まれます。

この「でこぼこ」こそ肌のキメです。

肌のキメとは、角質細胞同士が押し合う、隣り合うことによって作られる皮丘と皮溝のことです。つまりできるだけ目が細かい溝が、肌にたくさん走っているという状態です。

細かいキメはターンオーバーを整えるだけ

キメを作るのは正しいターンオーバーです。

角質の大きさ、形が揃っていればキメは細かくなります。

でもターンオーバーがおかしくなると、不揃いの大きさで弱い角質が誕生してきます。また十分な状態に育っていないため、保水力に乏しく、周囲のセラミド量も減ってしまいます。

透明感を作るにはターンオーバーをケアする。これが一番重要です。

もし肌が乾燥していたり、大人ニキビ、毛穴の開き、シミなどが消えない場合は、ほぼ間違いなくターンオーバーが悪化しています。

ターンオーバーが整えば最初に透明感が出てきます。それが維持できたら、大人ニキビ等の悩みは徐々になくなっていきます。

透明感を作るターンオーバーを高める方法

ターンオーバーはどうやったら高められるの?

ターンオーバーは表皮細胞(コラーゲンやヒアルロン酸の一層上)が誕生し、角質となり最後に剥がれ落ちるまでのサイクルを指します。

この周期を正確に続けることで、粒が揃って細かく、しっかりした綺麗な角質が生まれます。

でも、この角質はちょっとしたことでスネてしまい、形が悪くてバラバラのブス角質が増えてしまいます。するとみんなバラバラ。キメが荒れて光をまとめて反射してしまうため、肌から透明感が消えてしまいます。

ターンオーバーは早ければいいわけじゃない

ターンオーバーは年齢とともに遅くなります。するとお婆さん角質が増えてきて、細かいキメが作れなくなります。

かといってターンオーバーは早ければいいわけじゃありません。早すぎると子どもの角質ばっかりになり、やはり透明感が出ません。必要なのは綺麗なお姉さん角質です。

だから年齢に応じたターンオーバーを維持するのが目標です。

  • 20代:30日
  • 30代:35日
  • 40代:40日
  • 50代:50日

これが年代別ターンオーバー周期の目安です。

角質をびっくりさせないのがコツ

キメが細かい肌がなぜ必要かというと、私たちは見た目も透明感が問題。でも肌自身からすると、これは肌の防犯機能なんです。

肌の防犯機能をバリア機能と一般的に呼びます。

角質が10~15枚くらい積み重なっているのが角質層。この角質の隙間に、細胞間脂質というセメント上のものが充満して隙間を埋めています。

細胞間脂質にはセラミドが含まれており、セラミドが大量の水分を保持します。セラミド自体は油脂です。油と水分でミルフィーユのような層を作り、異物や刺激の侵入を阻んでいます。

角質の厚み+細胞間脂質

これで肌のバリア機能が維持されています

このどちらか、両方が減ると、防犯機能が落ちてしまいますよね。ほんの少し落ちただけで、まるでワガママなお姫様のように肌は期限を損ねます。

バリア機能を落としたらダメ!

角質が急に薄くなったり、細胞間脂質が減ってしまうと、「せっかく維持しようとしているのに……じゃあもういい!」

と言わんばかりに、肌はターンオーバーの周期をめちゃくちゃにします。

「角質増やせばいいじゃん!文句ある!?」

となります。

例えば足のかかとって硬いですよね。なぜ硬いかというと、角質が一杯積み重なっているからです。もし顔と同じ厚みなら、人は足が痛くて歩けません。

つまり、角質を積み重ねてしまえばバリア機能は上がるんです。かかとは見た目を気にする場所ではないので問題ありませんが、顔にそれをやられると見た目が酷いことになりますよね。

とりあえず角質を増やすために、まだ成長途中の子どもの角質を無理やり肌表面に押し出したり、もう引退するべきお婆さん角質を肌にとどめたりします。その結果、肌がうすくなったり、逆に分厚くごわごわになり、どちらにしてもキメが荒れるのです。

透明感を消してしまう原因

角質は非常に繊細です。本当にワガママなお姫様いると思ってください。

良かれと思ってやっていたことが、結構お姫様角質には不評で期限を損ねがちです。

一番ダメなのが肌水分量低下

スキンケアで最も大事な保湿と言われますよね。これ、なぜ乾燥がダメかというと、ターンオーバーが悪化するからです。ターンオーバーは全ての肌悩みに関係しているからです。

乾燥=肌水分量低下=角質層の保水力低下

そしてこれがもたらすのが、肌のバリア機能低下です。

なぜなら、肌水分量はセラミドが80%維持しているからです。セラミドが足りないということは細胞間脂質が少ないということ。バリア機能が低下しているということは、角質が不揃いになり透明感を失います。

肌の透明感不足の人は、ほぼ間違いなく肌水分量が平均より少ないんです。

バリア機能が低いと全部刺激になる

肌はこすっちゃダメ。だから泡洗顔で丁寧に洗うというのが定番でしょう。

理由は刺激になるからです。

ですが、刺激は直接的な摩擦に留まりません。

  • 紫外線
  • ホコリやチリなどのハウスダスト
  • 花粉やPM2.5などの大気物質
  • スキンケアの際の摩擦
  • メイクの際の摩擦
  • 化粧品の化学成分
  • 乾燥した空気

全て刺激です。

え~……こんなの刺激じゃないでしょ。仮にそうでもターンオーバーをおかしくするほどのレベル?と思いますよね。

その通りで、通常はそんなに問題になりません。

でも、バリア機能が落ちているとこれらは立派に刺激となります。だから肌水分量が重要なんです。

寝不足とストレスは本当に影響大

人間のワガママお姫様が寝不足、ストレスが続くとどうなるでしょうか?さらにワガママが過ぎて暴れそうですよね。

肌も同じで、寝不足とストレスが続くと微細な炎症が起きてターンオーバーが順調に進まなくなります。

睡眠は肌に大事と言われますが、ほとんどの人はスキンケアなどを優先しがち。でも実際は、スキンケアを簡単にしてよく寝てストレスを溜めないほうが、透明感に関しては簡単に作れます。

くすみを取る洗顔やクレンジングが透明感を消す

ワガママお姫様レベルで機嫌を損ねやすいターンオーバー。重要なのは肌水分量ですが、その肌水分量を維持しているセラミドを落としてしまうのが洗顔とクレンジングです。

くすみが取れる=バリア機能が低くなる

くすみが取れて肌が白くなる洗顔料やクレンジングがあります。

使い方しだいなのですが、明らかに見た目が白くなったり、角質が取れた!と感じるものはダメです。

なぜなら、角質が急激に薄くなっているため、バリア機能が低下しているからです。バリア機能が低下すると、肌は角質を厚くしようとします。つまりキメが荒れて透明感が消えます。

くすみが取れるというのは、そのときだけの満足感。どうせ1時間もしない内に肌色は元通りじゃないでしょうか?

洗顔もクレンジングもセラミドを減らす

くすみを取る洗顔料、クレンジングが逆効果なのは、角質だけでなくセラミドも落としてしまうからです。

通常の洗顔等でもセラミドは減ります。しかし、くすみケアとなると意識的に時間をかけて洗ってしまいませんか?

肌の汚れやメイクはもう落ちているのに、その先の素肌を削ろうとしています。角質を削るということは、その隙間にある細胞間脂質も落としてしまうことになります。

しかもセラミドは油脂なので、洗顔料等の界面活性剤により抜き出されて減少します。

肌のくすみもターンオーバー正常化で勝手に消える

くすみは主に古い角質の堆積です。だからターンオーバーがおかしい状態です。なぜターンオーバーがおかしいかというと、バリア機能が整っていないからです。

角質を急に削っても元通りだし、くすみはさらに悪化するだけです。セラミドも減ります。

そういったことを避けつつターンオーバーを正常化すれば、角質の厚みが戻って勝手にくすみは消えます。

くすみを取ることは透明感を作ることにはなりません。透明感を作れば、くすみも勝手に消えるのです。

透明感を作る一番簡単な方法は肌の保水ケア

肌の透明感は細かいキメ、パウダーフィニッシュのような目に見えないでこぼを作るだけです。

そのためにはバリア機能を維持すること。

一番簡単な方法は、

  • セラミドなど保水成分を補う
  • セラミドを洗顔等で落としすぎない

この2つだけです。

ヒト型セラミドでバリア機能を補う

バリア機能の要となるセラミド。これは保湿化粧品で補えます。

セラミドには種類がありますが、ヒト型セラミドがバリア機能のためには一番近道です。他のセラミドがダメなわけじゃありませんが、いち早くバリア機能を安定させるためならヒト型がベストです。

医薬部外品のライスパワーエキスNo.11もいける

国産米から作られる特別な成分ライスパワーエキスNo.11も透明感を出すのに活躍します。

この成分は肌のそこからセラミドが生まれるのを促進させる働きがあり、皮膚水分保持機能を改善する作用が認められています。

非常にあっさりとしたテクスチャーに仕上がり、ニキビが気になる人でも安心の成分です。

顔の汚れ具合とメイクの濃さに応じて洗顔・クレンジング

スキンケアで重要視される洗顔とクレンジングですが、基本的に日本女性の大半は洗いすぎとされています。皮膚科医が診察したらだいたい洗いすぎと診断します。

理由は、洗うことで肌が綺麗になるという思い込みがあり、汚れやメイクが少しでも残ると肌ダメージがあるという恐怖感があるからです。

ですが両方違います。

洗うことで肌が綺麗になるのは物理的な話。洗顔が美容液効果みたいに積極的に肌を綺麗にする効果はありません。また、ほんの少しであれば汚れやメイクが残っても肌老化は起きません。

洗いすぎることでセラミドが減りバリア機能が落ちるだけです。洗いすぎは逆効果。バリア機能が高ければ汚れやメイクが残っても悪影響はありません。

皮脂量や仕事内容、メイクの濃さや落としにくさ(崩れ予防やウォータープルーフ)などに応じて、洗顔料やクレンジング時間を変えることが重要です。

大体の女性は、今より2割は時間短縮しても全く大丈夫です。

洗顔料だけで落ちるメイクならクレンジングはしなくていいし、マイルドなクレンジングで時間がかかるならオイルクレンジングにしたほうがセラミドは減りません

思い込みじゃなくて、できるだけ時間と摩擦を減らせられる洗顔量等のチョイスも大事ですよ。

バリア機能重視のセラミド or 保水コスメ候補例

DECENCIA サエル

バリア機能がかなり低い=敏感肌です。DECENCIAはポーラ子会社の敏感肌専門のセラミドブランド。特にバリア機能を助けるヴァイタサイクルヴェールという特許技術があるため、透明感ケアにはもってこいです。

そんなDECENCIAラインナップの中でもサエルは美白作用があります。透明感ケアに必ずしも美白は必要ではありませんが、より高いレベルでの透明感をもたらすのは間違いありません。

特にナノ化されたヒト型セラミドにより、使ってすぐの好き取った水分感があります。これだけでも透明感満足度がありますよ。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

数多くあるセラミドコスメの中で、使ってすぐ透明感、そして持続時間の点で抜けた存在です。

セラミドコスメでは他にないジェリー状テクスチャー。この形になったのは富士フィルム独自の技術があったからこそ。いわゆる工業製品の世界技術を化粧品に応用しており、明らかに他のセラミドコスメと違うものになっています。

塗ってすぐキメが整ったかと勘違いするほどの透明感は、高い浸透技術とセラミド濃度による水分感です。ビタミンCよりはるかにすごいアスタキサンチンをこれほど配合したコスメは他にありません。一度体験してみる価値あり。

ライスフォース ディープモイスチュア

海外高級ホテルのエステで使用される基礎化粧品です。

高級海外化粧品のような香りがしますが無香料。たっぷり使っても何も肌に残さない仕上がりで素肌感バッチリ。塗って透明感を演出するのではなく、内部からセラミドを増やして本当の透明感を作ります。

「美白」「毛穴」は後回しでいい

シミやメラニンくすみがあると透明感が出ないのでは?

そんなことはないんです。シミがあってもキメは細かくなります。キメが一番早く結果が出ます。

だから、シミと毛穴開きがあっても透明感は出るんです。ただ透明感レベルは落ちます。それだけです。多くの人が時間がかかる美白と毛穴ケアから始めるため透明感が出ないのです。

透明感ケアが美白にもなる

シミはターンオーバーで不要なメラニンを押し上げられなくなった結果です。コラーゲンがある真皮層までメラニン塊が突き破っているとレーザーしか方法はなくなりますが、そうじゃないならターンオーバーでシミが薄くなる可能性大です。ただ時間はかなりかかります。

メラニンが増える理由もバリア機能を補うためです。紫外線に対しての防御反応です。バリア機能が低いと、透明感はもちろんシミも消えないんです。

毛穴も同じ

毛穴に関しても同じ。私達が目にしている毛穴というのは、当然毛穴の入り口なわけです。そこが開いているから目立つわけです。

肌水分量が減ると角質は痩せます。キメが荒れると自然に毛穴の入り口が広がってしまいます。古い角質が溜まりやすくなり、毛穴入り口に積み重なってラッパ状に広がって大きく見えているだけです。

コラーゲン不足によるたるみ毛穴でも、毛穴の入り口が狭くなればあまり分からなくなります。毛穴の入り口さえ何とかしてしまえばいいわけで、それができるのはターンオーバー正常化だけです。

透明感を引き上げるハイドロキノンに注目

一般的に美白化粧品というのは、みなさんのイメージ通りの作用があるわけじゃありません。1年、2年と継続利用で初めて実感が得られる、もしくは効果があるけど本人が気づいていないようなものです。

それとは違い、美容皮膚科でも用いられるハイドロキノンは格別の成分として愛用者がいます。

問題なのは刺激性。逆効果になることもあります。それをクリアするのがリポソームなどの浸透技術。国内では二社なので、ハイドロキノンを試したことあるよ!という人は以下のどちらかです。

※ハイドロキノンは肌質に注意。また紫外線に弱いので夜専用です。

b.glen QuSomeハイドロキノン

刺激リスクがあるため使いたいけど使えないハイドロキノン。そのハイドロキノンで好評価を集めているのがb.glenです。

理由はアメリカ発のリポソーム系浸透技術。これにより不安定なハイドロキノンを保護しつつ、最もいい状態で肌に届けることができるからです。これにより刺激リスクをカット。多くの人がハイドロキノンの良さを体感できるようになっています。

ターンオーバーケアに活躍するビタミンCも生。化粧水だけでも1日潤うなど透明感を支える技術力でずば抜けています。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

TV出演でお馴染みの美人皮膚科女医が展開するクリニックブランド。b.glenとは違いハイドロキノンのみのリポソーム系浸透技術採用ですが、朝用と昼用で24時間美白ができる工夫がされています。

b.glenよりスポット的なシミ、くすみに対して使いやすい製品です。

DECENCIAが透明感ケアに選ばれている理由

なんか肌の色がいまいち……もっと明るい感じならなあ……とは思っている人は非常に多いです。でもみんな、とりあえず美白とか、クレンジングでくすみ取りとかから始めがちですよね。

でも透明感が肌のキメで作られ、重要なのがバリア機能だと知った人はDECENCIAを選びます。

理由は、バリア機能にとって刺激が大敵だから。DECENCIAは敏感肌専門ブランドで、特許技術のバリア機能補完があります。そしてヒト型セラミドブランド

透明感にとっての条件が揃いに揃っており、価格的にも多くの人に使い続けられるため試しやすいメリットがあります。

そんなDECENCIAの中での透明感一番人気がサエルです。

そもそも敏感肌にとって美白成分というのは刺激になりやすく、刺激になればバリア機能を壊すことになり逆効果です。

それを敏感肌専門ブランドという看板を掲げながら美白も可能としているのはサエルだけ。

また、使ってすぐの透明感演出も高いです。高いセラミドパワーで透き通るような水分感が浮き出てきます。これはトライアルだけで十分に実感可能です。

何気にセラミドブランドなので保湿力もかなり高く、非常にあっさりしてベタつかないけど冬でも大丈夫。年中使い続けると透明感の底上げに取り組めますよ。